「クラゲ少女のゆかた姿」

岡山県立倉敷翔南高等学校 柏野さん

「学校での課題提出がこのステージにつながった!」

積極的に応募したのではなかったので、優秀作に選ばれて、信じられなくて何度も発表ページで確認をしていました。ショーにも出演だと聞き家族に話すと,観に行くよと言ってくれたので迷いから急遽出演を決めました。デザイン画は自分でも納得のものを提出しましたが、それが実物のゆかたへの制作は、東洋の学生さんたちと何度も打ち合わせを重ねました。白生地から染め上げられてクラゲのデザインが一番映えるようにアイデアを出し合いながら完成に近づくのはすごく楽しい「モノつくり」の時間でした。このゆかた、帯も素敵です、素材の特性を生かしてくださり、こんなに華やかになりました。今年の夏まつりには着れなかったけど、世界に一つしかない自慢のゆかたです。

資料請求

きものを縫う、着る、コーディネートする。こうしたことが学べる学校です。