08_09_wasaikiso

きものの基礎をしっかりと身につけるため、「和」に必要な知識と技術を学びます。
ここで確実に基盤をつくれば、将来の仕事の選択肢が大きく広がります。

08_09_和裁基礎_02

必修科目

03_plan_tec きもの着付けⅠ
和服製作実習Ⅰ
03_plan_feel Mac
きものデザイン画Ⅰ
カラーリング
03_plan_know 基本染色
構成理論Ⅰ
きものコーディネート
服装史Ⅰ / 和服用語Ⅰ
03_plan_hum エクステンション
茶道
技術 より 感性 より
08_09_wafuku_03 08_09_colorring
和服製作実習Ⅰ カラーリング
運針の基本から裁断・標付・縫い方まで理論と共に〝きものの成り立ち〞をしっかり学びます。実習製作は、半襦袢~ 浴衣、小紋まで、日常着を一通り製作します。 色彩の基礎・配色効果など実践を交えて学びます。襲色目(かさねいろめ)など、日本の伝統色についても学習します。
知識・教養 より 人間力 より
08_09_basiccolred 08_09_sadou
基本染色 茶道
技法や色の出し方など基本的な染色を学びます。1学年の最後には絞り染めを用いて帯揚げの製作をします。 割稽古から始まり、茶道の基本を学びます。古くから受け継がれてきた所作の一つひとつに意味がある事を知り、日本文化の習得に
も努めます。
img_realvoice
08_09_tanaka

(和服製作実習担当)
ゼロから学べる安心のカリキュラムです

和裁の縫製技術や基礎知識はもちろんのこと、着付けや染色、茶道・華道、日本刺繍など、きものに関する幅広い分野の基礎を学び、2年生からのコース選択に繋げます。工場見学や歌舞伎、文楽、宝塚歌劇の鑑賞など、さまざまな校外学習に出かけ感性を磨くのも、東洋ならではの学習です。外出時、自分で縫ったきものを、自身で着付けすることで、きものを着る人の気持ちもより理解できます。本コースに進む学生のほとんどが、入学当時は運針するのもひと苦労という初心者ですが、一年後にはみんな、しっかり縫えるようになり、着付けもできるまでに成長します。基礎からみんなと一緒に学べる安心のカリキュラムです。

マイペースな私でも成長が実感できるから毎日が楽しい

私が子の学校に決めたのは、高校の先輩が在学しているので安心して進学できると思ったからです。和裁やデザインの勉強ができ、もともと興味があった着付の資格も取得できるこの学校はとても魅力的でした。授業では、マイペースな私にも先生が丁寧に教えてくださるのでとても助かっています。できなかったことが少しずつできるようになっていく毎日が楽しくて仕方ありません。TOYO Collectionでは受付を担当しました。大変でしたが、同級生や先輩方みんなで一緒に成功させたことに感動しました。きものを特別な衣裳としてではなく、普段からみんなに来てもらえるよう将来は着付師になりたいと思っています。そのために今は検定合格ぬ向けて頑張っています。

先生のマンツーマン指導で少しずつ確実に上達できました

高校時代に剣道部だったこともあり、きものに興味を持ちました。進学の決め手は、資格が取得できることと、校外研修できものの知識をより深められるところでした。また、きものコーディネートを学べるのも魅力です。洋裁をしていた母の影響で、小物づくりが趣味だったこともある子もしれません。和裁のの授業は難しくて、心が折れそうな時もありましたが、先生がマンツーマンで教えてくださるので上達できました。分からなかったことが分かるようになるので成長が実感できます。諦めずに続けて良かったです。きものを学ぶたび、一着に想像できないほどの時間と労力が費やされていることに気付かされます。検定に合格したら和裁の仕事に進むのが私の夢です。

 

資料請求

きものを縫う、着る、コーディネートする。こうしたことが学べる学校です。